プロフィール

root

Author:root
使用用具
ラケット:DAKER スピード15 9mm 角型
ラバー:F・SWORD MAZEPRO52° 2.2mm B・GROBE 889-2 1.5mm
2ndラケット:クリッパーウッド
ラバー:銀河 水星2ブルースポンジ 2.2mm B・VICTAS VO>101 1.6mm


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUIC パチスマ

JUICから発売されています、パチスマについてです。

個性的な用具の多いJUICですが、表ソフトも特徴的なものが多く発売されています。

さて、パチスマについてですが、ドライブ速攻と説明がされているように非常に回転性能が高いものになっています。

シートは縦目ですが中国製の大粒のものを使用しており、密度も詰まっています。スポンジはソフトなものを使用しており、従来の中国製ラバーのような硬さはありませんね。

回転性能は上記したように非常に高く、回転量・回転のかけやすさ共に優れています。中国製の大粒のシートなので、滑りもなく表面で擦っても落ちることがありません。

また、、弾道も曲線的であり非常に安定感があります。個人的には、スーパースピンピップスよりも回転性能は上だと思います。その分ナックル性能やクセ球といった点では、かなり素直ですね。

スピード性能関してですが、使用したスポンジは2.0mmの割にはそこまで弾む印象ではなかったですね。
このラバーの特徴というのでしょうか、軽打時にはそれなりに弾むのですが、強打時にはスポンジの影響か物足りなさを感じましたね。
総合的には、スピード系の高弾性表ソフトラバー程度でしょうかね。

このラバーを、オススメするとしたら裏ソフトから表ソフトに転向したいという方や、表ソフトで回転をかける感覚を覚えたいという方ですね。
かなり回転性能に特化していますので、裏ソフトに近い感覚で打つことができると思います。

もし今このラバーを使うとしたら、スポンジの薄いものを使用してカーボンラケットに合わせてみたいですね。最近流行りの極薄ラバーのような使い方ができると面白いですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Nittaku ハモンドFAスピード

ニッタクから発売されています、ハモンドFAスピードについてです。

このラバーは同社から発売されている、スピード系表ソフトのハモンドFAの後継として発売されました。今回はFAとの比較を中心にまとめたいと思います。

まず、トップシートですがこれはFAと同じ縦目の円柱+台形の中粒です。粒の感覚もFAとほぼ同じですが、やや光沢感があるシートになっています。

スポンジもFAと硬度はそれほど変わらないようですが、弾力が強くコシの感じられるものになっていますね。

初めにピード性能に関してですが、これはFAスピードの名の通りかなり良いものをもっています。メーカー表記では、FAが10.5、FAスピードが11.0となっていますが、体感では11.5~12.0くらいでした。

このようなスピード重視の表ソフトは扱いが難しくなりがちですが、FAとは使用されているゴムの質が違うためか、十分なコントロール性を有しています。

次にスピン性能についてですが、これは好みの分かれるところかなと思います。FAは比較的球持ちが良いため、安定して回転をかけられるイメージです。しかし、FAスピードは回転性能は良いのですが飛び出しが強いため、強い回転をかけるには慣れが必要ですね。

そのため、台上処理や相手の強い回転の際は気を使います。

FAスピードの全体的な感想を言うと、正統派進化を遂げたスピード系表ソフトですね。ドイツ製テンションに近いスピード性能を持ちながらも、操作性の良さと表らしい弾道を併せ持ったラバーですね。

ペン表、シェークバック表などの戦型を選ばない、高性能なラバーだと思います。

スピードは欲しいけどドイツ製テンションが苦手だという人や、スペクトル等を使用していてランクアップしたい人にオススメしたいラバーですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

巨竜 スーパースピンG3シルバー

今回紹介するラバーは巨竜 スーパースピンG3シルバーです。

このラバーには硬度が3種類あり48度、38度、32度と分けられています。シルバーは最も軟らかい32度のものです。

このラバーの特徴としては、中国ラバーとは思えないソフトな打球感と使い勝手のよさですね。

シート、スポンジ共に非常にソフトで喰い込みが良く、高めの打球音がします。

また、シートにはうっすらと粘着があるため台上処理やコントロールの向上に役立っていると感じましたね。

スピードはマークⅤhpsソフト程度でしょうか、極端に弾むというわけではありませんが十分なスピードはあると思います。

スピンに関しては、ひっかかる高弾性ラバー+αといったところで最低限は備わっていますね。

主に裏面用にと購入しましたが、これが軽量で非常に使いやすくメインでの使用となりました。

上記のようにシェークのバック面やペンの裏面にオススメですね。バック面に中国ラバーは抵抗があるかもしれませんが、性能は使いやすいテンションラバーですので初級~中級の方には良いのではないでしょうか。

価格も安く、コストパフォーマンスも抜群ですのでお財布に優しいラバーです。

一つ注意としては、たまに剥離しやすいハズレ個体があることですかね(;^^)

最近のスピンテンションラバーに慣れている人には、やや物足りないかもしれませんが良いラバーです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

DARKER アクアブレード 丸型

今回はダーカーから販売されています、アクアブレードの紹介です。

このラケットは檜を使用した7枚合板で、表ソフトとの相性の良さから日本リーガーの方も使用しているそうです。

合板構成は上から1、3、5、7枚目が檜で、2、4、6枚目は特殊国産材を使用しているそうです。

私が購入したアクアブレードは日本式の丸型で板厚は7mm、重量は80g程度でした。

一般的に檜材を中心に作られたラケットはソフトな打球感が特徴のものが多いですが、アクアブレードは硬めで弾きの良いラケットに仕上がっています。

しかし、硬めの板ながらもそれほど手に響かず、檜ならではの心地よさも兼ね備えています。

板の弾みついては、最近の弾む木材ラケット等と比べるとおとなしいですね。

それではこのラケットの特徴はというと、表ソフトを合わせるにあたって重要な球離れの良さと、操作性の良さを両立しているところです。

日本式ペンホルダーにしては薄い板厚と等厚7枚合板の強さにより、台上では飛びすぎず強打時にはしっかりと弾き出してくれます。

昔ながらの高弾性ラバーとの組み合わせではやや物足りないと思いますが、今主流のテンション系表ソフトならバランスが取れた組み合わせになると思いますね。

また、重量が軽いため裏面を張っていても振り切れる点がgoodです。

さらに、アクアブレードには日本式3サイズ、反転式、中国式2サイズがあり、戦型に合わせてブレード形状を選ぶことができます。(以前はシェークも販売されていましたが、現在は廃盤になってしまいました)

流石はラケットに定評のあるダーカーといったところでしょうか。名品といわれるだけの価値があるラケットです。

購入の際一つ注意してほしい点ですが、中国式のものはグリップの木材にやや重量のあるものが使用されているため、総重量が日本式に比べ10g近く重いものが多いところですね。

ペンといえば中国式や特殊素材入りのラケットが主流の現在ですが、木材のみのラケットの良さを感じることのできる一品ですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

mizuno ブースターSA

mizunoから発売されている、ブースターSA(以下SA)についてです。

表ソフトユーザーの方にはおなじみの人気ラバーですね。

SAはドイツ製のテンションラバーで、外観は横目で粒が大きく密集しており、典型的な回転系の構造になっています。

SAの特徴は何と言っても弾性と回転性能のバランスの良さにあると思います。

大粒の回転系ならではのシートの引っかかりと、テンション+適度なスポンジ硬度によってスピードを確保しており、ドライブからフラット打法までそつなくこなせるラバーだと思います。

また、さすがはドイツ製テンションラバーといった、爽快な打球感や打球音も魅力の一つですね。

当時はこのラバーの定価が3990円ということで驚いた覚えがあります(裏ソフトでいうVEGAシリーズのような感じでしょうか)

SAの弱い所を挙げるとするなら、回転系なので仕方ないですが相手のスピンの影響を受けやすいところや、台上での小回りがやや利きにくいといった感じでしょうか。

また、表ソフトの中ではつかむラバーなので、球離れの速さで勝負するには向きませんね。

自分が使用してきた表ソフトの中でもかなりまとまりがよく、印象的なラバーでしたので1番初めに紹介をさせていただきました。

ペン表・フォア表は学生では絶滅危惧種かと思いますが、一度は使ってみてほしいラバーです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

自己紹介

はじめまして、rootと申します。

今後このブログで、自身が使用した卓球用具等の感想を書いていこうと思っています。

自分は卓球を始めた当初から日ペン表でして、2か月前からシェーク裏表に転向しました。

実力は大したことありませんが、下手の横好きというように表ソフトを中心にいろいろなものを使ってきました。

そんなこともあり、せっかくなので自分自身でのまとめをしようと思った次第です。

タイトル通り自身のメモレベルですが、他の方の参考に少しでもなればと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。