プロフィール

root

Author:root
使用用具
ラケット:DAKER スピード15 9mm 角型
ラバー:F・SWORD MAZEPRO52° 2.2mm B・GROBE 889-2 1.5mm
2ndラケット:クリッパーウッド
ラバー:銀河 水星2ブルースポンジ 2.2mm B・VICTAS VO>101 1.6mm


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

andro ヘキサーピップス+

ご無沙汰しています。また不定期ではありますが更新を再開していきたいと思います。

今回紹介するのはandroから発売されていますヘキサーピップス+(以下ピップス+)です。使用は赤色1.9mmです。
まずシートについてですが、円柱+台形でこまかめの布目、粒の間隔はピップスより離れておりスピード系のつくりとなっています。スポンジはオレンジ色で、ザラっとしたやや気泡のおおきめのものを使用しています。

ピップス+の全体の特徴としてはスピード系テンション表としてはやや球持ちがよく、良く変化が出るところです。弾みに関してはVO102やブースターSAには及びませんが、自分の使いやすさ以上のくせ球が出せますね。ロングボールに対してソフトで気泡の大きめのスポンジが一瞬ボールを掴んだあと弾き出すような感覚です。
フラット系の打法は打ちにくくはないですが、他のドイツ系テンションよりやや威力に劣りますので一発で打ち抜くよりはコースをついて連打する方がよさそうです。

回転性能はシートがスピード系ですので最大回転量はそこまで多くはないですが、球持ちのおかげで棒球にはなりにくく回転量の差もつけやすいと感じました。すべりが少ないので台上処理もそつなくこなせましたね。
サービスは長さのコントロールはしやすかったですが、ロングサーブはもう少しスピードがほしいかなと思いました。

まとめとしては、コントロールがしやすい変化系に近いスピード系テンション表といったところでしょうか。
私的には片面表よりも、シェークのバック表の方が特徴が活きやすいのではと思います。フォア表で使用するとしたら技巧派の方にお勧めしますね。

合わせるラケットとしては厚めのハードなラケットが打球感のバランスがとりやすいと感じました。
ラケットによって印象の変わりやすいラバーだと思いましたので、いろいろ手持ちのラケットで試してほしいですね。

ヘキサーピップスシリーズの第二弾のピップス+も特徴のある面白いラバーでした。テンション系表ソフトでくせ球を出したい方や変化とコントロールを重視したい方に試してほしいラバーですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。