プロフィール

root

Author:root
使用用具
ラケット:DAKER スピード15 9mm 角型
ラバー:F・SWORD MAZEPRO52° 2.2mm B・GROBE 889-2 1.5mm
2ndラケット:クリッパーウッド
ラバー:銀河 水星2ブルースポンジ 2.2mm B・VICTAS VO>101 1.6mm


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

andro ヘキサーピップス

androから、発売されている表ソフト、ヘキサーピップスについて書こうと思います。
このヘキサーピップスはシリーズ化されていまして、回転+安定の無印、スピード+変化の+(プラス)、硬めでパワーのあるFORCE(フォース)というように、3種類が発売されています。

またこのシリーズのもう一つの特徴として、粒の縦目と横目を自分で選んで貼ることができるという点があります。これは今までありそうでなかったアイデアですね。

まずシートについてですが、ドイツ製らしくきれいなシートですね。質感はブースターSAやモリストSPのような透明感のある感じより、やや曇ったような色合いです。これは天然ゴムと合成ゴムの割合の差でしょうね。

粒形状は大粒で台形、また粒間隔は狭く回転を重視した構造であることがわかります。

スポンジは、オレンジ色のやや気泡が大きいタイプですね。硬さはソフトで、感覚的にはブースターSAと近いでしょうか。スポンジのタイプが今までの表ソフトと違うので一概には言えませんが。

次は使用後の感想です。

このラバーの第一印象としては、表ソフトながら非常に球持ちがよく、コントロールが良いということです。これはメーカーの謳い文句通りですが、まさしくそう感じますね。

軽打ではやや高めの弧線を書き、滑る感覚もなく安定しています。ラバーの弾みに関しては、それほど強いとは感じませんでした。

ドライブなどの回転系の技術では、これもよく回転がかかり打点をやや落としたループ系、高めの打点のスピード系ともに打ちやすかったですね。相手の切れた下回転に対しても、繋ぎのドライブを安定して出せるのはgoodな点ですね。

フラット系の技術に関してですが、これはある程度のインパクトの強さが必要だと感じました。球持ちの良いスポンジとシートの引っ掛かりの良さから、弱いインパクトでは回転負けすることがあり、しっかり振り切ることが角度打ちやフリックのポイントですね。

台上の技術では、シートの性能を活かしてよくきれたツッツキを出すことが可能です。また、ナチュラルな変化が出にくい分、横回転のツッツキや、ツッツキに対するストップなどで変化を出すことができますね。台上処理に関しては非常に自在性が高いと感じました。

サービスについては、回転量は十分にありますが、ロングサービスの球威はもうひとつかなと感じましたね。

ヘキサーピップスのまとめとしては、幅広いレベルで使用できるテンション系コントロール表ソフトといった感じでしょうか。

合わせるラケットとしては、硬めのアウター素材ラケットから、ある程度弾みのある5枚合板ならそれほどラケットを選ばないと思います。攻撃を重視して弾みの良いカーボンラケットと合せたとしても、コントロールができなくなることは少ないと思いますね。

表ソフトユーザーで、テンション系を使用していてより安定感がほしい方、回転をかける感覚を覚えたい方、裏ソフトから転向したい方にオススメですね。厚さを選べば初心者の方でも使用できると思います。

回転のかけやすい表ソフトを探している方には、ぜひ使用してほしい一枚です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ttbibouroku.blog.fc2.com/tb.php/11-d5c24028

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。