プロフィール

root

Author:root
使用用具
ラケット:DAKER スピード15 9mm 角型
ラバー:F・SWORD MAZEPRO52° 2.2mm B・GROBE 889-2 1.5mm
2ndラケット:クリッパーウッド
ラバー:銀河 水星2ブルースポンジ 2.2mm B・VICTAS VO>101 1.6mm


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VICTAS  カルテットIIスピード 中国式

VICTASからカルテットシリーズとして発売されています、カルテット2スピードの紹介です。

初めにラケットサイズですが、ブレードは159㎜×150㎜でグリップは82㎜×23㎜となっています。合板構成は、木材5枚+カーボン2枚+シルバーカーボン2枚の9枚合板とあります。

9枚合板と聞くと板厚がかなり厚くなってそうですが、実際には5.8か5.9㎜程度で素材系のラケットしては薄めの設計となっています。また、重量は私が購入したものは88gでそれほど重いものではありませんでした。

ラケットの打球感ですが、素材が4枚も使用されていますのでハードなものかとイメージしていましたが、そこまでガチガチに硬いわけではなく、素材の硬さは感じるものの手に響きすぎないという感じでしたね。

飛び出しも厚めの素材ラケットに比べしなりを感じることができるため、直線的になり過ぎずコントロールしやすいと思いました。

スピード性能ですが、メーカー的にはファーストとなっていますが、体感的にはミッドファースト程度で、極端にスピードが出るというわけではありませんでした。その分、台上処理の際に飛びすぎることもなく安定して行うことができましたね。

また、ブロックやカウンター等では素材の硬さが活き、ボールに押し負けることもありませんでした。しかし、ドライブ時には先にも書きましたが、しなる感覚があり曲線的なボールが出しやすかったですね。

ラバーの相性としては、ややソフトなスピンテンション系が使いやすいと思います。やや硬めのラケットですが、粘着テンションでもソフトなものであれば十分使いこなせると思います。

オススメとしては、どちらかというと前陣向きなラケットですので、速いピッチで勝負をする方に合っていると思いますね。表ソフトとの相性も悪くないので、バック表の方等に向いていると思います。

スピードを重視しつつも、コントロール性としなりを失っていない良いラケットでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ttbibouroku.blog.fc2.com/tb.php/8-9c3f4b37

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。