プロフィール

root

Author:root
定まらない戦型と用事…
ペン⇒シェーク⇒ペンと行き来しており、表、裏、粒、半粒なんでも試しています。
現在中国式裏裏でドライブの練習中。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

andro ブローフィッシュ

遅まきながら、本年初の更新です。

今回はandro社から発売されています、ブローフィッシュについてです。
このラバーは、現在発売されているヘキサーピップスシリーズの前に発売された表ソフトラバーで、スピン重視のブローフィッシュ、スピード重視のブローフィッシュ+の2種類があります。

スピン重視のドイツ系テンション表といえばmizuno社のブースターSAがあり、今回はラバーの作りが近いこともあり、ブースターSAとの比較を中心にしていきたいと思います。

まずシートの構造ですが、厚さと粒の大きさはSAとほぼ変わらない大粒で横目のものとなっています。しかし、シート表面の布目に関して,SAは中国製のような大きな格子状ですが、ブローフィッシュはスピード系のような細かい布目になっています。シート自体の摩擦力はほぼ変わらないので、この表面の違いで差が出てきそうですね。

スポンジに関しては、どちらもイエロー系のテンションスポンジですが、ブローフィッシュの方が少しだけ硬めのように感じましたね。このことから全体的な硬度も、ブローフィッシュの方がやや硬めのなっています。

スピード性能ですが、これは非常に近いものがありましたね。どちらも良く弾み、飛び出しも強いですね。強いて言うと、ブローフィッシュの方がの方がやや初速が速く球離れも速いですね。SAはより球を掴んでから飛び出すイメージです。

スピン性能は、全体的にややSAの方がかけやすいですね。ツッツキやドライブではややソフトな分しっかりと回転をかけられます。ブローフィッシュは最大回転量は劣りますが、相手の回転の影響を受けづらく、レシーブ等やりやすいと感じましたね。

球の弾道もブローフィッシュは回転がかかっていながらもSAより直線的で、攻撃的な球を出しやすいですね。フラット系の技術ではブローフィッシュの方が上だと思います。ナックルの出しやすさではどちらもそれほど変わらず、自然にナックルが出るラバーではないですね。

まとめとしては、少しだけスピン性能を落として攻撃性能を上げたブースターSAという感です。硬度もSAよりやや硬めですので、SAをフォアを使っていて少し軟らかいと感じていたという人にお勧めですね。

価格設定は高めですが、それだけの性能はあるラバーだと思います。また、寿命もSAより少し長いと感じました。

年末年始忙しくなかなか更新できませんでした。今後もマイペースな更新になりますが、本年もよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ttbibouroku.blog.fc2.com/tb.php/9-654130a5

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。